貴方に合った男着物の選び方を解説します

男の方がピシッと着物を着こなしている姿は、大変粋ですね。着物は、卒業式などの改まった場、夏祭りの浴衣など、身に着ける機会はたびたびあります。 ですが、洋服と違って購入する機会は大変少ないので、選ぶ時のコツを知っている方は案外少ないようです。 男着物を選ぶ時のポイントは、大きく分けて二つあります。まず一つ目、これは最も大事なことですが、「自分に合ったサイズ」です。着物のサイズは洋服と違ってあいまいですが、実際に身に着けてみたら全然サイズが合ってなかった、ということが多々あります。二つ目のポイントは、「自分に合った素材、色」です。着物ももちろん、たくさんの素材で作られています。色も女性のものほどではありませんが、様々あります。その中から、気に入ったものを選びましょう。 以下、細かく説明します。

「自分に合ったサイズの選び方」

言うまでもなく、着物を選ぶ上で一番重要なことはサイズです。最近は、リサイクルショップやネットで、既製品を買う人が多いようです。しかし、この場合失敗する確率が大変高いです。買って、来てみたら「袖が長い」「袖が短い」「袖はぴったりだけど丈が足りない」ということがとても多いのです。 男着物のサイズは、「着丈」と「裄丈」の二つを見なければならないのです。「着丈」は襟から裾までの長さ。「裄丈」は袖の長さのことです。人によって、身長は高いけれど腕は短め。腕が長いけれど身長はそんなに高くない、など、身長と腕の長さの比率は様々です。ですから、男着物を購入するときには、必ず店に足を運んで、その場で試着をする必要があるのです。 店で試着をすると、ぴったりの着物が選べるだけでなく、店の人が着こなしのアドバイスもしてくれます。上手に着られるコツを聞けることもうれしいですね。

「自分に合った素材、色の選び方」

男着物は絹だけでなく、ウールや木綿、化学素材などもあります。浴衣の場合などは、肌の上に直接羽織りますから、着心地の良いものを選ぶとよいでしょう。実際に試着をしないで、硬い素材のものを購入した場合、肌の弱い方だと、あちこちが擦れてしまって痛みが出る場合もあります。肌触りの良いものは綿、硬いものは麻でできています。初心者の方は柔らかく、またお手入れも簡単な綿を選ぶとよいでしょう。おしゃれ上級者の方は麻でピシッと決めたいものです。 色は、着物初心者でどの色を選んだらいいかわからない、という方は、紺や黒をお勧めします。着物上級者の方は、白や生成りを選ぶ方が多いようです。そのわけは、白や生成りなどの薄い色だと、着崩れたときにとても目立ってしまうからです。紺や黒など、色の濃いものは比較的目立たず、無難です。 では、「自分だけの一着」をぜひ見つけてください。